SURGERY

外科について

外科で扱うのは、骨折や傷などのケガや体の表面に出た疾患への治療、内臓疾患に対する手術、去勢・避妊手術などが代表的です。
病名を上げると、腫瘍性疾患や腸閉そく、臍ヘルニアや会陰ヘルニア、胃拡張や胃捻転、膀胱結石や子宮蓄膿症、乳腺や肛門の疾患など幅広い部位の症例に対応します。
外科的治療を行う場合は全身麻酔を行うことが多いので、メリット・デメリットを検討し、飼い主さんとも相談したうえで治療を実施しています。

手術以外の治療方法、リハビリについて

手術以外の治療方法もあります。慢性の関節炎、リウマチや骨折の癒合不全などで歩行や生活が困難な場合に、義肢装具士さんにきていただき、オーダーメイドの装具を作成及び調整してもらい、連携して治療し生活のQOL向上に努めます。
リハビリについては、当院内のドッグランで行います。

外科の診療科目

軟部外科

軟部組織外科では神経や骨、靭帯を除いた体表面や内臓への外科的処置を扱います。ペットの高齢化傾向に伴って腫瘍性の疾患も増加しており、対象部位も多様ですから、さまざまな臓器や組織を扱う知識が必要です。

腫瘍外科

瘍ができる部位としては、肺や心臓、体表や口腔内、肝臓や副腎など多岐にわたります。当院では、症状や動物の状態を踏まえて、免疫療法や抗がん剤の選択も検討しながら治療を進めます。

避妊・去勢手術について

飼い主さんが愛犬・愛猫の子供を望まないのでしたら、去勢・避妊手術を考えてみてください。他の犬猫との接触を避ければ妊娠を防ぐことはできますが、自然なものである発情を抑えることはできず、ストレスがかかることになります。また、避妊・去勢手術により予防できる病気もあります。

  • 男の子が予防できる病気

    前立腺の病気、精巣・校門周囲の腫瘍、会陰ヘルニアの予防など

  • 女の子が予防できる病気

    子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、乳腺腫瘍、鼠経ヘルニアの予防など

ページトップへ

HOSPITAL 病院情報

« 2021年12月»
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 休診日
  • 午前休診
  • 午後休診
  • 午前診療
  • 臨時診療
院名
さくら動物病院
院長
根本 広士
住所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中207
電話番号
0299-95-9515
診療時間
9:30〜11:30
16:00〜18:30

△…日曜日の診療は9:30~12:30となります。
【休診日】木曜、日曜午後、祝日